39 92 19 53の浪人日記

浪人生の39 92 19 53です。一年しかない浪人生活のことについて書いていこうと思います。

Amazonの欲しいものリストと、ちょっとした本のレビュー

氷菓 限定版 第9巻 [Blu-ray] 今回の記事は2本立てです。

先日、自分のブログにコメントをくださったブロガーさんのブログを覗いてみたところ、「欲しいものリスト」なるものを公開されているのを見つけました。

調べてみたところ、Amazonの「欲しいものリスト」を公開することができると知りました。なるほど。

公開したリストを見て、もしかしたらその商品を贈ってくれる方がいるかもしれない。夢のような話ですね。

他の人の欲しいものリストを見るのも面白いですね。日用品を登録されている方もいれば、パソコンやタブレット等を登録されている方もいる。その人の個性が垣間見えて、読んでいて飽きない。

せっかくなので、自分も欲しいものリストを作ってみました。こちらが自分の欲しいものリストです。あんまり浪人生らしくないリストですね…笑 www.amazon.co.jp

ちなみにサイトを作成する際に、この記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。 www.heibonnashufu.net

非常にわかりやすい記事で、リストを公開するにあたり住所とか名前はどうなるんだろうか、という不安も一瞬で解消されました。

これからリストを作る方は是非見てみてください。

ちなみにもし欲しいものリストから商品が届いたら、感謝の記事を書くのはもちろん、商品のレビュー等しっかりブログで紹介したいと思います。

氷菓 限定版 第9巻 [Blu-ray]

氷菓 限定版 第9巻 [Blu-ray]

さて。

今回の記事のメインは「Amazonの欲しいものリスト」ですが、これだけだとなんだか記事が寂しいので、最近読んだ本を軽く紹介しておきたいと思います。

愚者のエンドロール (角川文庫)

愚者のエンドロール (角川文庫)

これが、その本。米澤穂信さんの「愚者のエンドロール」という本です。

アニメでも有名なミステリ小説「氷菓」の続編にあたる本で、<古典部>シリーズの第2巻、アニメでは中盤にくる話です。

アニメも相当なクオリティで非常に面白かったんですが、原作のこの小説はアニメにはないシーンもあり、また違った面白さがありました。

「文章」だからこその表現や伏線に加え、アニメでは描ききれなかったより深い心情描写が楽しめました。

ミステリ小説として純粋にオススメ出来ますし、アニメ「氷菓」を好きな人にはなおさら読んでもらいたい、そんな小説でした。

第1巻「氷菓」と加えて是非読んでみてください。

お金がたまるポイントサイトモッピー

↓よかったらクリックしてください。
浪人生ランキングへ